5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★筒井康隆、村上春樹の両氏が時期ノーベル賞候補へ★

1 :1:02/12/19 11:20 ID:oATdZIJ/
とくに村上春樹は有力候補。
ソース http://www.kirjasto.sci.fi/kerte.htm

2 :国崎往人 ◆yGAhoNiShI :02/12/19 11:20 ID:XR9v5iMs
>>1逝ってよしm(_ _)m

3 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:22 ID:p4xcic+T
筒井の作品を叩いてたボケドもの顔をみたいね

4 :ヾ( ´ ◆4aPQn/yjgI :02/12/19 11:22 ID:RCwtncf1
角川春樹は?

5 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:22 ID:IN9IJJjS
>>1 読めねぇよ!翻訳しろやボケ野郎。

6 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:23 ID:7Xmmlzz0
>>1-2
お前とお前は帰ってよし

7 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:23 ID:ab/+V08E
何の作品で受賞すんの?

8 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:24 ID:EkX5knkG
筒井が受賞できるわけねーだろ


9 :「´Д´д`」@ビッグボディチーム ◆uJdnaR9HIQ :02/12/19 11:25 ID:PqsckOqJ
>>7
筒井は「末世法華経」だな…
創価からは相当な圧力があったらしいが。

10 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:25 ID:pC1G+iHN
柔道の上村春樹?

11 :1:02/12/19 11:25 ID:oATdZIJ/
ちなみに筒井康隆は既にフランス政府からシュバリエ賞、パゾリーニ賞、
日本政府から紫綬褒章を授章している。
ソース ttp://www.asahi-net.or.jp/~fq4h-hrym/scifi/whoswhoj/tsutsui_yasutaka.htm

12 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:26 ID:4Z5PZsgm
ハンガリーの作家、随筆家、および訳者、2002年の間の文学のためのノーベル賞の受賞者。
彼のセミ自伝的な小説において、Kerteszは、ホロコーストにおいて特に例証された野蛮な時の間に、個人の経験を分析しました。
Kerteszより早い散文展示品実存主義者特色と彼の作品は、どのような文体の傾向内でも分類しづらい。
【翻訳不能文】
(誕生しなかった子供のための祈祷 1990 から)
Imre Kerteszはブダペストでユダヤ人の下降のファミリーに誕生しました。
彼の若者Kerteszにおいて、ナチスのシステムの恐怖を経験しました。
ドイツ人は1944年にハンガリーを占めて、ユダヤ人とジプシーを根絶しはじめました。
7000ハンガリー人ユダヤ人とともにKerteszがブダペストからアウシュビッツに追放されたことおよびBuchenwaldへのそこから。
「私は、信じていないユダヤ人です」、Kerteszは、インタビューにおいて言いました。
「まだ、ユダヤ人として、私はアウシュビッツに連れて行かれていました。」
1945年に、彼は多国籍軍に解放されました。


13 :「´Д´д`」@ビッグボディチーム ◆uJdnaR9HIQ :02/12/19 11:26 ID:PqsckOqJ
末世法華経は「笑うな」に収録されてるから、まだ読んだことない香具師は一度読んでみれ。

14 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:28 ID:n4fWNNGA
1冊も読んだこと無いけど、すごくつまらなそうな印象があるのはなぜだろう。

15 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:30 ID:KMD+VkP6
>>13
馬鹿でも読めるかな?

16 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:31 ID:djkKKZgJ
村上春樹は大好きだけどノーベル賞はちょっと違うと思う。。。

17 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:31 ID:uq5P44yv
>>14
他の下らん作家よりは面白いよ。
村上春樹なら『神の子どもはみな踊る』『ノルウェイの森』とか。

筒井康隆は昔の奴が面白いかなぁ・・・

18 :正男という名で朝鮮人:02/12/19 11:33 ID:YkhyNftl
筒井康隆
「日本以外全部沈没」でノーベル文学賞受賞。

19 :1:02/12/19 11:34 ID:oATdZIJ/
紫綬褒章授章のソース http://www.ex.biwa.ne.jp/~sasaki/before.html
パゾリーニ賞受賞のソース http://www.jali.or.jp/tti/jiten/news/hotnews971115.html

20 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:35 ID:mjPhJjF5
現代文学は不毛だ!
そうは思わねいかい

21 :ヾ( ´ ◆4aPQn/yjgI :02/12/19 11:37 ID:RCwtncf1
>>20 ヒュンダイ?

22 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:37 ID:33xK7Ztl
筒井康隆がノーベル賞か・・・
たしか直木賞、芥川賞もとってないよね
田中さん、ほどではないにしても
日本の国内評価のばからしさが、目立つなきっと


23 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:38 ID:e+Mv3/T1
どうせならバイオレンス小説の「西村寿行」がノーベル賞もらって欲しいな。

24 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:39 ID:ChE4d4Ow
春樹を読むとどんな人でも春樹な生活をしてみたくなる

25 :1:02/12/19 11:39 ID:oATdZIJ/
ちなみに両氏とも讀賣文学賞を受賞している。ソースはもういいだろうつかれたよ寝よう

26 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:40 ID:MAMhRD0r
まず1が登場する(ry

27 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:40 ID:RRnbQqNX
>>24
カウンターでウィスキーとナッツですか?

28 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:40 ID:ZMW5Ct+Z
筒井康隆はどうせまた候補止まり。

29 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:41 ID:jsQCuogM
候補にあがるのって何人くらいいるの?

30 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:42 ID:djkKKZgJ
村上春樹の小説は英語に翻訳しやすい。
それだけ日本語らしさが損なわれている。
(いい意味で言えば独特の雰囲気を作っている一因にもなっている)
海外では評価されやすいだろうが。。。
司馬遼太郎が死んでなかったらなぁ

31 :正男という名で朝鮮人:02/12/19 11:42 ID:YkhyNftl
読んでみて!
http://www.papy.co.jp/ows-bin/book.cgi?fn=chinbotu&bid=bc_sonystyle

32 :1:02/12/19 11:42 ID:oATdZIJ/
>>28
でも日本作家で候補止まりだったのは三島由紀夫だけだって聞いた気がする。
おやすみ。

33 :___:02/12/19 11:42 ID:CM77v++W
1のリンクってどう関係してんのよ?

34 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:43 ID:EkX5knkG
ところで大江健三郎は何が面白いの?
ノーベル受賞者なのに一つも読んだこと無い。

35 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:44 ID:4uGFic+u
「関節話法」こそがノーベル賞ものです。はい。

36 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:47 ID:uq5P44yv
>>30
司馬遼が受けるのは日本だけだろ。
もしくはモンゴル、台湾あたりか?

将来のノーベル賞作家として保阪和志と本多兼好を押しておく。

37 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:49 ID:e2pzN3tL
落合信彦がノーベル賞受賞

38 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:49 ID:Eh6JTloZ
五島勉でいいじゃん、ノーベル文学賞

39 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:49 ID:2nfHTZMe
春樹が受賞して何て言うか気になるから
受賞してほしい。

40 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:51 ID:djkKKZgJ
>>39
確かに変なこと言いそうだねw

41 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:51 ID:lEQmC2pc
筒井氏がもらった方が面白くはあると思うんだが

問題外科で。

42 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:52 ID:4nFGEw5Z
>>34
初期の作品とか呼んでみな
オナニーとかセクス(チンコのこと)とか、そんな話ばっかりだから

43 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:52 ID:DsJdyAT9
大江とこの2人じゃ、ぜんぜん違いすぎるだろ。
ノーベル賞もうダメポ。

44 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:53 ID:uxKqaezL
大江なんかどこがいいのかさっぱりわからぬ。

45 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:53 ID:djkKKZgJ
村上春樹がノーベル賞取ったら素顔が全国にばらまかれるわけだよね。
普通のおっさんだからファンやめる人もいたりしてw

46 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:55 ID:lEQmC2pc
勤務中に初体験心待ちにしてぶつぶつ言ってる男が主役の話、
なんだったっけ。激しくワラタ記憶があるんだが。>筒井

47 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:56 ID:uxKqaezL
>>46
で、投げちゃうんだよね。

48 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:56 ID:KMG6Oj/t
ほい、バカニューに現れた天才作家バカペニ先生の作品はこちら。
元スレはDat中。
http://cyg.hp.infoseek.co.jp/top.htm

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/bakanews/1037647156/l50



49 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:58 ID:sZyCCtdg
マラ上春樹のブツ切り箇条書きな文体はどうも好きになれない。
膣井康隆はジジイになってデキの悪い自己模倣しかできなくなってしまった。

どっちも正直ノーベル賞に値するとは思えないな。

50 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 11:59 ID:UpgwxBoz
>>43
大江こそノーベル文学賞の権威を落とした香具師だと思うけどね。
筒井が受賞すれば「言葉狩り」に多少はストップがかかるかも。


51 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:00 ID:EkX5knkG
石原の慎ちゃんはまだですか?

52 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:02 ID:rbGzg7gc
辻仁成こそノーベル賞に相応しいと思う。辻の文章はどこまで
いっても美しい、あぁ美しい。春樹、筒井なんて糞作家だ

53 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:04 ID:djkKKZgJ
>>52
最大の欠点は全然おもしろくない所だなw

54 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:04 ID:HjFkjFBj
>>51
ノーベル平和賞でつか?

55 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:04 ID:aZ2UVFYG
>>51
首相就任後、史上初のノーベル文学&平和賞ダブル受賞します。

56 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:06 ID:iFT3FuvO
筒井は「大いなる助走」でノーベル賞だろ?

57 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:06 ID:wwmhVWit
>>51
福田和也が慎太郎の事小説家として絶賛してたね。
漏れは読んだことは無いが

58 :ヾ( ´ ◆4aPQn/yjgI :02/12/19 12:07 ID:RCwtncf1
たまには本でも読むかな

59 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:08 ID:djkKKZgJ
もういっそのこと町田康がとってくれればいいのにw

60 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:10 ID:h+WaITM0
>>34
セブンティーンという短編。
オナニーばっかりしてる内向的でブサイクな高校生が
学校でウンコ漏らしてさらにバカにされ
街角で見た右翼の街頭演説に感化され
「右翼に入れば俺でも威張れる!」ってなる話。激しく藁える。

61 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:13 ID:P1OPllGo
西村京太郎にノーベルトラベルミステリー賞やれ

62 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:13 ID:h+WaITM0
パゾリーニ賞って
パゾリーニってホモでロりで、ウンコ食ったり、目玉くりぬいたりする映画とって
その映画に出ていた少年に実際性的関係を迫って
ぶっ殺された奴だろ。
そんな賞もらって嬉しいのか?


63 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:13 ID:wwmhVWit
で、1のソースが未だに理解できない漏れはアフォですか?

64 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:14 ID:djkKKZgJ
さ、失速してきたところで。
このスレネタだけどスレストしないでね。
スレスト↓

65 :KaZaA厨房 ◆DQN.AAPGOQ :02/12/19 12:14 ID:0HccZz76
つーか 中村うざぎはどうよ?
日本の経済の少しは関わってるでしょ

66 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:15 ID:884HycdB
町蔵にはやりたくないです泣

67 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:15 ID:vH93mVEe
ホモでロリ = ショタ

68 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:16 ID:fqxaVceE
筒井は翻訳できない作品ばっかりお

69 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:17 ID:W2FAKTwP
春樹の小説→どれを読んでも読後の感想は「ふー、やれやれ」

70 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:17 ID:EkX5knkG
>>65
海外に出してはいけない顔なので、吉本ばななとともに却下


71 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:17 ID:884HycdB
>>65
ゴージャス中村にノーベルやるとさらに金回りが…

72 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:18 ID:wwmhVWit
町蔵は根性有るよ。
人間の屑っていう私小説でシャブ中って言うことを
告白してるしw

73 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:18 ID:884HycdB
>>70
今うさぎは整形しまくってるぞ(週刊文秋、少し前の週刊女性を参照)

74 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:19 ID:uJbRh4vR
日本人は今だけだよ。
いずれ、愚民化政策のおかげで出なくなるw

75 :「´Д´д`」@ビッグボディチーム ◆uJdnaR9HIQ :02/12/19 12:20 ID:PqsckOqJ
高校の現社で「曖昧な日本のわたし」を読まされて激しく萎えた。

76 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:20 ID:wwmhVWit
>>73
今週の文春で顔の皮を剥いでたね

77 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:20 ID:HjFkjFBj
>>71
外貨獲得ですな

78 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:21 ID:884HycdB

週刊文春の間違い。

79 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:23 ID:xfMHXdcf
>>72
フィクションとノンフィクションを混同しちゃ駄目ねー

80 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:24 ID:+s5WWH8I
日本の文学は世界一イイイイイイイイイイイ!!

81 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:24 ID:884HycdB
そろそろ誰か1のソースを訳してくれです

82 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:26 ID:a95junkM
ブタペストで生まれたってかいてあるぞ

83 :KaZaA厨房 ◆DQN.AAPGOQ :02/12/19 12:28 ID:0HccZz76
>>81
MTC 特殊言語翻訳翻訳
http://www.mtcgo.co.jp/yakuJ.html

ここが良い感じ

84 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:30 ID:wwmhVWit
>>79
当時の町蔵の眼光の鋭さを見ると、覚醒剤に手を出す所は
フィクションとは思えないんだが。話自体は当然フィクションだが

85 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:32 ID:BE1UPQWM
日本語の文章の美しさを外人が理解できるはずがない。


86 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:36 ID:884HycdB
>>81
おら一銭も出せねだ

87 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:38 ID:9bYac4p3
「喪失の日」はイタリア受けしそうな予感。

88 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:38 ID:WsWj/tKZ
>>73
プチ整形だね。メスを使わないやつ。

89 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:42 ID:884HycdB
筒井の「樹木法廷に立つ」の英訳とかあったらどんななってるんだろう

90 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:45 ID:Y9eBlCoH
で、>>1のソースには何の意味があるんだ?
筒井も村上春樹もChoose a writerのとこにも無いけど。

91 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:48 ID:djkKKZgJ
>>90
1人のノーベル賞作家についてグダグダ述べてるよ

92 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:52 ID:Uu2+frPP
ノーベル文学賞は、早治大学の唯野仁教授に。

93 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:52 ID:884HycdB
>>12がソース訳というわけで

嘘かよ

94 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 12:54 ID:0bYc8pOM
大江健三郎しかないし・・・。
http://www.kirjasto.sci.fi/oe.htm

95 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:02 ID:KduShiY0
井上靖と三島由紀夫もいるな。

96 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:19 ID:jlD22cly
春樹がとって筒井がとれなかった場合は、
「大いなる助走Part2」か

97 :おじいさん ◆WXoLt64vz. :02/12/19 13:19 ID:b6YB7Kso
┐(´∀`)┌ヤレヤレ

98 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:33 ID:SmBrCvYZ
審査してるのは外人たちだしなぁ…
むしろここまで評価させることが出来た翻訳家のほうがノーベル賞ものだろ?
翻訳次第で名作からクソ作品にまで出来るわけだし…

99 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:34 ID:SOxvKyAp
春樹って童話みたいだし、くだらんな
読んでもあっそう、だから何?って感じだし
春樹がとったらいろんな意味でバッシングのあらしだと思うな

一番マシな作品が〜クロニクルだと思うが、妄想し過ぎててなにがなんだか

100 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:34 ID:BJMie4Ua
村上の文章が評価されるなんて、文学の質も落ちたもんだ・・・。

101 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:35 ID:Zfkinu9E
ノーベル文学賞ってのは小学館文学大賞より偉いのかね?

102 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:37 ID:+s5WWH8I
三島由紀夫も大岡昇平も
いつノーベル賞とってもおかしくないといわれていたのだけどね

103 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:38 ID:WvSfBHzH
>>99
>>100

何様ですか?

104 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:42 ID:INP4E6Er
村上春樹‥?

といわれても村上春樹的にピンと来ない‥ うーむ。

105 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:44 ID:g6QpO762
で、1のどこがソースなんだ?

106 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:50 ID:YosqBIbj
スレストは、どうして働くべき時に働かないのだろう?

107 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 13:51 ID:MyNvDoZA
ハルキは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」がおもしろかった。
筒井は初期の作品のほうがおもしろい。
作家も若いうちが華なのかもね。

108 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:00 ID:U23NuIu1
>107
本人もずーーーーっと若い頃から
「年取ったらドタバタ小説は書けないだろう」って言ってたよ。
司馬遼だって四十(五十?)過ぎたら小説なんか書いてられんって言ってたし。
他のノーベル賞作家だって案外似たり寄ったりなんで無いの?

109 :快速アクティー:02/12/19 14:06 ID:uxbKJyHJ
筒井の時をかける少女は12/22にTブーSでやるな。。。

110 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:08 ID:EwmNiopg
せいしをかけろ

111 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:10 ID:UplA9Sux
あああ

112 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:12 ID:868cHf8i
ついに来たか・・・
春樹ファンとしては微妙な心境だ

113 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:16 ID:cjLAT53s
>>107
「旅のラゴス」を一読されよ。ドタバタだけが能じゃない。

114 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:17 ID:SOxvKyAp
>>112
というか嘘でしょ
ソースがでたらめだし

115 :ZERO7 ◆ZERO7//Aoc :02/12/19 14:18 ID:p0Elujv6
>>106 禿同

116 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:21 ID:0iLP5JGZ
村上春樹は好きなんだが
あれは学生時代に読んで心の琴線に触れるものがあるにせよ
ノーベル文学賞ってのとは少し違う気が…

つーか、他にないのか?ノーベル賞候補
そんなに現代文学は枯渇してるのか?

117 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:28 ID:SOxvKyAp
>>116
あえて、村上龍を
あれだけ毒吐く作家はめずらすい

118 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:31 ID:7CSRiBjE
誰かスレタイの”時期”にツッコミ入れた?

119 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:34 ID:kns8Fe0F
村上春樹ってドイツの空中庭園の話しか記憶に無いなあ。。。
彼って2chのコピペのスケベ椅子工場のような小説書くんだったっけか。

120 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:35 ID:2knnNjnU
七瀬三部作が楽しい。
他のも楽しいけどね。

121 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:38 ID:lEQmC2pc
>>117
ごめん、アレ、作家じゃない



122 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:40 ID:ddT3O4az
村上龍はもう作家と言うか・・・

123 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 14:42 ID:2cPjlsZh
春樹信者って相変わらず痛いな。

124 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 15:02 ID:BJMie4Ua
素人は村上春樹を読んでおきなさいってこった。

125 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 15:03 ID:BJMie4Ua
>>123
ああ、痛い、激しく痛いな。
まだ村上読んでる香具師がいたとは驚きだ。

126 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 15:12 ID:WvjK1kcE
最高級有機質肥料における詳細な描写力が世界的に認められたということでいいのですね?

127 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 15:53 ID:MUvmBNCK
村上龍は作家というかゴーマニストってか長渕ってか
ほんと九州ってかんじ。

128 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 15:59 ID:xmEQIRE8
龍のほうが全然いいと思うが・・・・

129 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 16:16 ID:Cafu/dWo
村上春樹って、あれだろ?

130 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 16:18 ID:cSYnUcs1
村上はるきは貧弱貧弱ゥゥ〜〜〜〜〜〜〜〜う

131 :129:02/12/19 16:19 ID:Cafu/dWo
実は、な〜んも知らん

132 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 16:22 ID:7+xZxEVc
客観的に見ても
日本人では緒方貞子が一番ノーベル賞(平和賞)に近いだろ。

133 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 16:42 ID:SuWwfRIT
(・∀・) ナンデ クソネタスレ ナノニ スレスト シナイノ?

134 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 16:52 ID:o5UZU6Im
龍なんて電撃大賞とか角川学園小説賞とかそういうレベルの作家じゃねーか

135 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 16:58 ID:lEQmC2pc
ヨーソロー>>>>>>>>>>>>>>>>筒井>>>>春木       場外¥:龍

136 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:06 ID:SOxvKyAp
>>134
一応、芥川賞最年少ですが

137 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:07 ID:1dsTJ4A4
ここ数年の村上龍はもう、金を稼ぐ為だけに小説書いているようにしか見えない。

138 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:09 ID:o5UZU6Im
>>136
ここ20年ほどの芥川賞に金銭以外の価値がカケラでも残ってると思ってんのか?

139 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:11 ID:J8tTf7p7
筒井先生にはぜひ賞をのがし、ノーベル賞審査員を皆殺しにする話を書いていただきたい。

140 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:17 ID:x3xCQ/Jz
日本語の微妙なニュアンスをうまいこと翻訳できるのか疑問。
三島がとれなかったのは、翻訳家が対処しきれなかったんじゃねーかと思う。
その点、村上はるきは、三島に比べればやりやすいような気がする。

141 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:31 ID:tXUQeGMx
村上龍はろくでなし

142 :  :02/12/19 17:32 ID:kCab0Z2Z
風呂の排水口にフクロを吸い込まれて気が遠のいた筒井康隆・・・

フクロに傷ができて妻のナプキン借りて使っていたら路上でポロリ
と落とした筒井康隆・・・

オレは大好きだ!!

143 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:37 ID:T/WoiJqr
筒井はやっぱり虚構船団だろ。

あれだけのキチガイが登場すると、一人ぐらい俺そっくりの
キチガイが居ると感情移入できる。

俺は輪ゴムの気持ちがよく判るんだ…

144 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:38 ID:hZoYN/w1
コンプレックスの塊の様な筒井が、
ノーベル賞貰ってどう変貌していくか見てみたい。

145 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:46 ID:0wQvLQzo
やっぱり「農協月へ行く」だな...間違いない...

146 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:47 ID:uNFyIf+t
筒井の家に5分で行ける

147 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 17:49 ID:UjriuL4Z
日本語が母語じゃないやつに日本文学なんかわかってたまるか

148 :番組の途中ですが名無しです :02/12/19 18:03 ID:JJYDJ/52
春樹は回転木馬のデッドヒートが良かった

149 :優しい名無しさんが好き:02/12/19 18:12 ID:nRbBUOjB
春樹は韓国でも人気あるし、今回は奴らも文句は言えまい。

150 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 18:16 ID:2cPjlsZh
ネタ。

151 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 18:20 ID:6y2tOm+K
>>136
当時ね。今の最年少は平野啓一郎。

で、「時期」ノーベル賞ってなに?

152 :ミラー中尉:02/12/19 18:21 ID:s04tlaWw
……年末恒例?となった『TIME』誌 "Person of the Year" 投票。
今年はアラファト議長を擁する我々は、これも例年のお約束である
「投票リセット」の猛威に晒され、現在もなお苦戦を強いられている。
我々は「伊達と酔狂」をもって自負する物好きの志願兵を募っている。
「お祭り」板にて、諸君らの参戦を待っているぞ!

投票所:http://www.time.com/time/personoftheyear/
「お祭り」板:http://live.2ch.net/festival/index.html

……アパム! 弾もってこい! アパーーーー(炸裂音、通信途絶)

153 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 18:42 ID:om0M+xiv
春樹は海外での翻訳の多さは同時代ではダントツだろう
『海辺のカフカ』読んで、もしかしたら本当にノーベル賞取るかもしれないと思った。
日系英国人作家のカズオ・イシグロにも取って欲しい。

154 : :02/12/19 18:50 ID:5J9uxjqa
それこそ、かの国みたいな赤っ恥になりかねんから
こんな話するなよな
どこで逆転すんだか、わかんねーじゃんか

155 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 18:50 ID:eyX1CB3i
春樹自身ノーベル賞欲しがってるんでしょ?
三島は川端を推薦したってのを聞いたことがあるし
本人はどうでも良かったんじゃねー?

156 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 18:52 ID:o5UZU6Im
俗っぽい娯楽小説とか漫画の文脈パクって文学に移植しているだけじゃん春樹も龍もばななも

157 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 19:01 ID:ii2kldj5
筒井氏の ホンニオマエハヘノヨウナ のルビに、笑いが
止まらなかった記憶だけ残ってる。

158 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 19:12 ID:YN7loPOn
こころはマルクスくるまはロココ

159 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 19:15 ID:HcwdFqpO
>>132
(゚听)イラネ

160 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 19:22 ID:Hmr00Uxf
>>157
トーチカだね?

161 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 19:30 ID:j92CdiKL
ホンニオマエハヘノヨウナ
無 色 透 明

162 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 19:53 ID:ii2kldj5
霜ネタって逝ってしまえばそりゃそーなんだけどね、
何か、腹の中で「笑」の紐を引っ張られた感覚だな。
前後のストーリーは全然覚えていない。

163 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 20:02 ID:uNlQXpKw
>>1のサイトを見たが以下の日本人がいたが、両名の名はなかったよ。

http://www.kirjasto.sci.fi/akuta.htm 芥川龍之介
http://www.kirjasto.sci.fi/dazai.htm 太宰治
http://www.kirjasto.sci.fi/ibuse.htm 井伏鱒二
http://www.kirjasto.sci.fi/inoue.htm 井上靖
http://www.kirjasto.sci.fi/kawabata.htm 川端康成
http://www.kirjasto.sci.fi/koba.htm 小林一茶
http://www.kirjasto.sci.fi/koboabe.htm 阿部公房
http://www.kirjasto.sci.fi/kuros.htm 黒澤明
http://www.kirjasto.sci.fi/mishima.htm 三島由紀夫
http://www.kirjasto.sci.fi/oe.htm 大江健三郎
http://www.kirjasto.sci.fi/shiki.htm 正岡子規
http://www.kirjasto.sci.fi/tanizaki.htm 谷崎潤一郎


164 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 20:04 ID:uNlQXpKw
というか、なんで黒澤明とかがいて夏目漱石がいないんだ?
このサイトもまだ建設途中みたいだし。


165 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 20:04 ID:o6gqb1bc
富豪刑事オモロイ

166 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 20:09 ID:/5Rs2/kk
文章を読んだが村上の名前などない!

167 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 20:26 ID:1rkFONIF
>>164
海外での評価が低いんじゃないの?

168 : :02/12/19 20:44 ID:6IJ/gZ4u
陰嚢録でのーべる賞

169 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:14 ID:8zIU/qI5
林真理子でいいよ。

170 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:20 ID:TkyxLJVQ
春樹はかなり好きなんだけどさあ、ノーベル賞に値するような
革新的な作品があるかというと…

欧州語に翻訳しやすい文体だから目に付きやすいんだとは思うけどなあ。

171 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:23 ID:MXCSdlNJ
>>20>>21
ワラタ

172 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:33 ID:BJMie4Ua
村上に文学を感じない。
三島の方が上。

173 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:38 ID:Z+7SgkxB
つーかなんで村上春樹が候補なの?俺好きだけど。日本語のソースくれよ。

174 :大滝村 ◆HOZlQYR1MY :02/12/19 21:42 ID:QlWN6u8c
俺も候補らしいね

175 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:46 ID:kns8Fe0F
安部公房が死んでしまったのがとても惜しまれます。

176 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:53 ID:YN7loPOn
ボブ・ディランもノーベル文学賞の候補になったくらいだから…

177 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 21:58 ID:JYMdYBPW
龍には一生無理な罠

178 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:00 ID:zC0RcJDJ
時期尚早だな

179 :Ladinの弟子 ◆NJLADiNmdA :02/12/19 22:08 ID:qdVy4YlJ
太宰治→文章力のあるDQN
筒井康隆→自制心のある基地外
村上春樹→かっこぶりのヒッキー

まあ、まともな人は文学者にはならないか…


180 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:08 ID:y2mjYY3X
筒井だったら 夢の木坂分岐点がいいおもう。

181 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:09 ID:53NkQMby
村上春樹「シドニーのグリーンストリート」で受賞
筒井康隆「陰悩録」で同時受賞

182 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:09 ID:lAL4NAua
>>177わらた

183 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:12 ID:zC0RcJDJ
>>1のソースは全くデタラメじゃん
アフォ?

184 : :02/12/19 22:12 ID:Onq/r4eU
あかほりさとるがノーベル賞候補に!!!

185 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:13 ID:lAL4NAua
ところで村上春樹ってガルシアマルケスの手法をそのまま使ってない?


186 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:16 ID:T/WoiJqr
>>184
あかほりが貰えるなら、僕らの超先生も貰えるはずだよ!!

187 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:17 ID:i2ZSEh+6
宇野鴻一郎がノーベル文学賞候補に。
ノーベルさんったら、すごいんです・・・

188 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:20 ID:gpuOLiTw
虚航船団ずっとうちにあるけど、まだ読んでないや

189 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:22 ID:BJMie4Ua
村上作品は「私はこれだけ勉強してるんですよ。いろんなことをよく知ってるでしょ。」みたいな自慢話ですな。

190 :番組の途中ですが名無しです:02/12/19 22:24 ID:Gosr/Y4u
春樹はノーベル賞とるためにアンダーグラウンド書いたんだしさ。
まぁ候補くらいにいれてやってもいいんじゃねえのかぁ。

191 :番組の途中ですが名無しです:02/12/20 01:57 ID:UIciYB6r
>>181
「陰悩録」・・・・わらた

ちみ、まねした?


192 :番組の途中ですが名無しです:02/12/20 02:06 ID:7OVS9KGU
>>172
当たり前の事言うなよ
でも三島は死んでるからノーベル賞は貰えないよ

193 :番組の途中ですが名無しです :02/12/20 02:13 ID:TFsVbv7m
ノーベル文学賞は、作品と関係なく、国際的に活躍した作家がもらえる

南アで反アパルトヘイトの作品書いたやつとか、日本でヒロシマについてあれこれ書いたやつとか



194 :番組の途中ですが名無しです:02/12/20 02:27 ID:V2Rd6qcC
筒井の「関節話法」だっけ?
あの作品の場合は翻訳の翻訳ということになるんだな。

195 :番組の途中ですが名無しです:02/12/20 04:56 ID:XWA6pXjG
二十年くらいたつと古臭い感じなくなるから
筒井作品読んでみよっかなー

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★